PART3 「歯のエステ」のすべてがわかります<ケーススタディ>

ケース3 受け口

主訴

「下あごが前に出ていて受け口なのですが、全体に怒ったような印象に見える自分の顔がきらいです。また、ひと前に出ると、受け口をかくそうとして、ついつい顔が下向きになってしまい、その結果、上目づかいがくせになってしまいました」

症状

下あごのサイズが大きく前に出ています。また、下あごの前歯が外側(唇側)に傾斜しています。そのため、前歯のかみ合わせが反対になっています。

診断

反対咬合。

治療法

前歯は、普通は上が外側、下が内側になってかみ合わせるようになっています。これが反対になっている状態(反対咬合)を受け口といいます。
上あごが小さく、上あごの前歯が内側に入っている場合には、奥歯(小臼歯)を抜く必要がなく、前歯を広げる(拡大する)だけで治まりますが、下あごが出ている場合には、下あごの奥歯(小臼歯)を抜くことによって、下あごの前歯を内側に引っ込める<矯正>で大部分の症例が治ります。
例外的に、下あごのサイズが<矯正>の範囲を超えて大きい場合には、外科的手術によって下あごのサイズを小さくします。

矯正歯科 歯科矯正 審美歯科
写メール矯正無料相談
歯並びを写真で送るだけで
専門医よりご回答します。
送信先 info@418kirei.jp

舌側矯正(裏側矯正)認定医|大人のための歯列矯正・歯並び矯正