PART3 「歯のエステ」のすべてがわかります<ケーススタディ>

ケース5 すきっ歯

主訴

「全体に歯が小粒なうえに、前歯が出っ歯気味で、とくに、歯と歯のあいだのすき間が気になります」

症状

あごにくらべて歯が小ぶりです。しかも、舌で歯を前に押し出すくせがあるようで、前歯が前方に傾斜しています。

診断

空隙歯列。

治療法

<矯正>によってすき間を閉じます。ただし、極端に歯のサイズが小さい、または空隙の大きい場合は、ボーセレン冠(ジャケットクラウン)やラミネートベニヤを用います。
一般的に、<矯正>と補綴(入れ歯)の両方の治療法を合わせて用いることで、理想的な治療が実現します。

矯正歯科 歯科矯正 審美歯科
写メール矯正無料相談
歯並びを写真で送るだけで
専門医よりご回答します。
送信先 info@418kirei.jp

舌側矯正(裏側矯正)認定医|大人のための歯列矯正・歯並び矯正